マドリッド:限りなく広がるレジャーの楽しみ

ヨーロッパの国々の首都の中でも、マドリッドは、昼夜問わず楽しまずにはいられない街として知られています。ナイトライフの楽しみ方は様々。平日、週末を気にせず毎日飲みに繰り出すことはもちろん、特に週末の夜は選択肢がさらに広がります。様々なタイプ、雰囲が味わえる中でも、テラスで1杯というのは非常に気持ちのいいものです。ホテル・オペラのテラスから王宮の眺めをぜひお楽しみください。

マドリッドの夜の楽しみ方には非常に多くのオプションがあります。人々は、最初に入ったお店に長くとどまることはせずに、通常はバルやディスコを夜が更けるにつれ次々と変えていきます。そのため夜明け近くまで通りは賑やかな雰囲気です。ご希望であれば、夜明けの後までも夜遊びすることが可能です。おいしい朝食の後何らかのパーティーへと繰り出すのです。

マドリッド流に染まり、昼も夜もマドリッドをお楽しみください。

ナイトライフのためのマドリッドの地図ダウンロード

ショッピングルート

老若男女問わず、マドリッドではショッピングの誘惑には勝てません。多くの商店やショッピングセンターが1日中オープンしています。

素晴らしい伝統物から、最新のデザイン物まで、家具や有名ブランドの洋服、ギフト、お土産、グルメ食品などが、地域一体のショーウインドーを飾り、道行く人々の目を楽しませます。

マドリッドの老舗や大企業の商店、ショッピングセンターや市場。ショッピングの可能性は無限大です。

マドリッドには、モニュメントや展示会、美術館を楽しむためだけでなく、毎日何千人もの人がやってきます。多様性もまた地域にとって非常に重要な要素で、街のあちこちで目にすることができます。マドリッドには様々なサービスを提供するレジャーパークがたくさんあり、地域全体に広がる、遊園地や水のテーマパー クには目を見張ることでしょう。自然公園で、星を眺めながら、または一味違ったマドリッドをロープウェーで上から見下ろしながら、スキーをしながら、経験 を深めていただけます。

マドリッドは、スペインで最もテーマパークを有する州です。ご家族やご友人と忘れがたい思い出を作っていただけます。レジャー、娯楽の数は無限です。マドリッドで、小さなお子様とあらゆるアトラクションをお楽しみください。一人一人にぴったりのアトラクション、すべての年代のお子様にも対応したテーマパーク。小さなお子様向けのサービスでマドリッドを楽しむチャンスをご満喫いただけます。

マドリッドの主要レジャーパーク

マドリッド観光の目玉は、世界的に有名な3つの美術館です:プラド美術館、ティッセン・ボルネミッサ美術館、国立王妃ソフィア芸術センターは「芸術トライアングル」と呼ばれており、世界中の有名なコレクションが集結しています。

3つの美術館は、どれも後に改装されることになる民間の建物の上に成り立っています。度重なる増築により、文化的意味を帯び現在の形となりました。これらの建物は、カルロス3世の統治時代に着手された、大規模な都市化計画の一部でした。国王は、この計画によって、自国の首都に都市的、記念碑的な意味合いを持たせようとしたので す。

このようにして整備され、木々が枝を伸ばし、噴水や記念碑、科学技術へ目を向けていく目的の風格のある建物があり、有識者たちに気にかけられる地域となりま した。そのおかげで、モニュメントをめぐる芸術散歩や、歴史的場所を楽しむことができるのです。この地区にはネプチューンとシベレスの噴水、アルカラ門、 カサ・デ・アメリカ、郵便局の荘厳な建物やスペイン銀行の建物、レティーロ公園、ヘロニモス修道院、王立植物園、アトーチャ駅、下院議会などがあります。

サンティアゴの道は、歴史上旧大陸の主骨格を成すものとされてきました。キリスト教最初期の殉教者使徒の墓の発見により、当時統一が求められていたキリスト教の村々の様々な概念を、一つの方向に向かわせるための決定的な事実が見つかったと考えられたのです。

サンティアゴ・エル・マヨールの遺体のような聖遺物の入手を想定することの重要さに気付いたスペインの王国は、自主的に聖地巡礼路の確立へと協力し合いました。カミノ・デ・サンティアゴは、文化、教育、情報と強く結びつく中で、だんだんと結合していきました。巡礼路で話し、説教し、歌い、彫刻を彫り、絵を描く度に、多くの人、多くの場所へと広まっていったのです。芸術と文学の影響力により、サンティアゴ・デ・コンポステーラは特に11世紀から14世紀にかけてエルサレム、ローマと共にキリスト教世界の聖地となりました。使徒ヤコブの巡礼路はキリスト教社会全体の触媒としての中心地になるでしょう。

続きを読む